ガートナーのサプライチェーンプランニング・テクノロジー・ハイプ・サイクル: 2020年


ハイプ・サイクルに学ぶサプライチェーン・プランニングの変革を支援するテクノロジー

必要事項をご記入のうえ、「ダウンロード」ボタンを押してください


GartnerHC-SCP-20.png

ガートナー社によると、「SCP(サプライチェーンプランニング)は確立されたテクノロジー市場ではありますが、デジタル化、サプライチェーンの混乱、変動性などの要因により、現在SCPの再定義が行われている」と言われています。

『今やテクノロジーはプロセスに勝ります。世界中の大手企業がSCPのデジタル化に本格的に取り組んでいます。そしてデジタル化は、企業が当初、想定していなかった新たな機会を生み出しています。デジタル・プランニング・テクノロジーを十分に検討し活用することで、企業は自社のプランニングをほぼ継続的に変革することが可能になります。

本レポートでは、企業のプランニングに関する意思決定をより効果的かつ高品質なものにする主要なケイパビリティ、フレームワーク、テクノロジーについて説明しています。これには、より成熟した計画系ソリューションだけでなく新しいテクノロジーも含まれており、次世代のSCPがどうなっていくか様子を予想するのに役立つものとCoupaは考えます。

ガートナーのサプライチェーンプランニング・テクノロジーのハイプ・サイクルでは、下記のヒントをご覧いただけます。
  • 「特に制約のあるリソースを考慮しつつ、グローバルサプライチェーン"およびエコシステム全体にわたった意思決定へと改善する」
  • 「意思決定の自動化を通じて、計画担当者の生産性を紅葉させる」
  • 「指数関数的に増加するデータの量とデータ種類(新しいデータソースの利用を含む)から新しい洞察と価値を創る」
  • 「スピード、応答性、アジリティ(俊敏性)、弾力性と、コストや効率のバランスをとる」
  • 計画系の意思決定を様々な面からサプライチェーン・エコシステム全体にわたって調整し、企業目標へのコンプライアンスを確保する。

閲覧は無料です。右のフォームにご入力いただくと、すぐにレポートをご覧いただけます。
※本レポートは英語になります。



Gartner, Hype Cycle for Supply Chain Planning Technologies, 2020, 12 November 2020, Tim Payne, Amber Salley, Pia Orup Lund.
GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally and is used herein with permission. All rights reserved.

Trusted Worldwide

How It Works

PROCUREMENT

Drive employee adoption and cost savings.
READ MORE >

INVOICING

Eliminate paper, increase efficiency and ensure compliance.
READ MORE >

EXPENSES

Visibility and compliance through automation. Employees love using it!
READ MORE >